DRUM TAOとは

DRUM TAO

世界観客動員数900万人!

1993 年結成。世界観客動員数 800 万人超、
和太鼓を驚異のパフォーマンスで表現する、新時代の NIPPON エンターテイメント。
NY オフ・ブロードウェイでは全公演 SOLD OUT、Newsweek 誌が「日本を売り込む『顔』になる!」と絶賛。
2017 年より東京常設劇場「万華響 -MANGEKYO-」上演開始。
2020 年 9 月、野外劇場「天空の舞台」を備える芸術村「TAO の丘」オープン。
2021 年 7 月 22 日~8 月 9 日、東京常設新作「W-1(ダブリュワン)」を期間限定で公開した。
大分県より「大分県文化功労者 学術・文化振興」、同県竹田市より「文化創造賞」、
政府より「第 6 回観光庁長官表彰」「地方自治法施行 70 周年記念総務大臣表彰」受賞

世界のDRUM TAO

メディア情報はこちら
DRUM TAO̗j
1993年
愛知県にて結成。 その後、1995年に「阿蘇くじゅう国立公園」を有する大分県竹田市久住町に移転。
2000年
7年半で九州を中心に100万枚のチケットセールスを記録する。 【TAOの里】建設。
阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する 4万平米の土地に、大小3つの稽古場、トレーニングジム、スパ、ゲストハウスなどの複合施設を設置。
2004年
1,800団体以上が参加する世界最大の芸術祭「エディンバラ・フェスティバル・フリンジ」初参加。25日間の連日公演を全て完売させ、衝撃の世界デビューを飾る。
2005年
同フェスティバルに2年連続出場し、チケットセールスNO.1を樹立。ワールドツアーを開始する。
2006年
3ヶ月に及ぶドイツロングラン公演。
2007年
台北アリーナにて、2日間の単独公演を行う。(4万人動員)
2008年
2年連続台湾・台北アリーナ単独公演
2009年
フジテレビ各局主催全国縦断ツアー(全15公演) 。 3度目の「エディンバラ・フェスティバル・フリンジ」に参加し、圧倒的なチケットセールスで新記録を樹立。 【TAOの里】に2000人収容できる野外劇場「赤兜」を建設。
2010年
北米ツアー 44都市全50公演SOLD OUT。バンクーバーオリンピックにも招聘される。
TAO一風堂【天神店】【銀座店】【シンガポール店】を開店。
2011年
日本国内公演が200公演に拡大。東京、横浜、名古屋、大阪での連続公演を行う。
福岡キャナルシティ劇場では国内初のロングラン公演を実施。(全13回公演)
大分県文化功労者 学術・文化振興賞 受賞。
2012年
北米ツアー / アジアツアー【UNDER ARMOUR】CM出演。JUNKO KOSHINO×TAO始動。
2013年
結成20周年。ヨーロッパツアー(全43公演)
米米CLUB CD [TAKARABUNE]に参加。
WBC開幕戦オープニングアクトを務める。
TAOの里にて「夏フェス10日間」を開催。
竹田市より名誉市民賞に値する初の「文化創造賞」を受賞。
歌舞伎役者、中村勘九郎・七之助の【錦秋特別公演 芯2013】
全国ツアーに出演(全18公演)
2014年
「第6回観光庁長官表彰」受賞。
竹田市より「国際観光親善大使」に任命。
北米ツアー(全53公演)
天王洲 銀河劇場にて東京ロングラン公演(全15公演)、以降恒例化。
日本プロ野球80周年記念試合オープニングアクト出演。
日本ミャンマー外交関係樹立60周年記念イベント
「Japan Myanmar Pwe Taw」出演(全3公演)
1964東京オリンピック・パラリンピック50周年記念祝賀会にて演奏披露。
2015年
宮本亜門氏演出「百花繚乱 日本ドラム絵巻」発表。
ヨーロッパツアー(全43公演)。台北公演(全4公演)
北京・日中友好交流大会に日本代表として参加。
TAO文化振興財団設立。(11月 大分市内に事務所開設)
日本テレビ「24時間テレビ」出演。
中国にてライブパフォーマンス/武漢・青島(全32公演)
シンガポール/メディアコープ劇場のこけら落としにオープニングアクトとして出演
2016年
NY・オフブロードウェイデビュー「DRUM HEART」(全6公演)
米人気TV番組「 The Late Show with Stephen Colbert 」に出演。
海外ファンクラブ創設(アメリカ・シンガポール)
熊本震災復興祈願LIVE(西浦荒神社・熊本城二の丸広場にて開催)
FNS九州ツアー全公演SOLD OUT
EXILE(ÜSA、TETSUYA)・Dream Shizukaのユニット「 DANCE EARTH PARTY feat.banvox+DRUM TAO」
ニューシングル「NEO ZIPANG〜UTAGE〜」に参加。
2016年度国際交流基金事業「ウズベキスタン和太鼓公演」演奏(ナヴォイ劇場、全2公演)
「 TAO芸術村」構想始動
TAO5「きょうといちえ」にて片岡愛之助とコラボレーション。
TBS「音楽の日×CDTV」オープニングアクト、湘南乃風とコラボレーション。
初のビジュアルブック「THE RISING OF DRUM TAO」発売。
総理大臣官邸にてカザフスタン共和国大統領への歓迎演奏披露。
JETRO「オリンピック・パラリンピック基本方針推進調査」として「第23回全国山城サミットin竹田」にて岡城プレミアムライブ実施。
2017年
ヨーロッパツアー(全65公演)
2班体制での全国・世界ツアー本格化。
シンガポールにて海外初のファンイベントを実施、海外ファンクラブがヨーロッパに拡大。
歌舞伎とフィギュアスケート初の饗宴「氷艶 hyoen2017-破沙羅-」出演(全6公演)
(出演:市川染五郎、髙橋大輔、荒川静香 ほか)
大分県ユネスコエコパークオフィシャルアーティストに任命。
東京・品川Club eXにて、JTBとの共同企画「東京常設劇場『万華響』」始動。
ユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー「RISING 〜SOUNDS OF DRUM TAO〜」発売。
国際交流基金主催事業にてカザフスタン公演。
「地方自治法施行70周年記念総務大臣表彰」受賞。
大分県よりラグビーW杯2019開催都市特別サポーターに任命。
2018年
結成25周年。北米ツアー(全63公演) フィリピン公演(全5公演) 中国公演(全4公演)
国際交流基金主催ロシア公演。
「日露相互交流年」ボリショイ劇場での開会式出演、ボリショイバレエと共演。
「ジャポニスム2018」開会式出演、パリ公演。
日中国交友好40周年記念「北京・天津公演」。
JTBとの共同企画「東京常設劇場『万華響』」約半年間の常設に拡大。
春・有楽町オルタナティブシアター、秋・新宿ルミネゼロにて実施(全241公演)。
プレミアムファンクラブ創設。
第69回NHK紅白歌合戦出演。
2019年
東京常設劇場「万華響」通年開催(全500公演)
ヨーロッパツアー(全30公演)シンガポール公演(全4公演)フィリピン公演(全5公演)
TAO8「TIME&SPACE in KANAZAWA」にて日本を代表するギタリストSUGIZOと共演。
日中文化交流として中国パフォーマンス
A組「ザ・ドラマーズ」上演数のみで上半期ライブ本数日本一に選出(エキサイト調べ)
2020年
野外常設劇場「TAOの丘」グランドオープン
コロナ禍により約700公演キャンセルとなるも、274公演の開催が実現
「日・フィジー国交樹立50周年記念式典」リモート出演